新宿で働くWebディレクターのブログ

2017年秋からカスタマーサクセスに取り組んでます。気づいたことを殴り書き。

OKRを導入し定着させるには

OKR未導入のスタートアップ、ベンチャーの方と話すと、「OKRよさそうですよね〜」といった声を聞く。

弊社はスタートアップではないが、最近OKRが導入された。

現場代表として導入に関わったので、現場の視点で導入・定着のポイントをまとめてみる。

OKR導入を検討されている方の参考になれば、、。

結論

OKRは銀の弾丸ではなく、合うか合わないかはその会社次第

OKRの良いところ

自分なりのまとめ↓。

  • 全社ミッションと目の前のタスクとの関連性がわかる。
  • 他人・他部署のミッションを把握できる。
  • 個人のミッションに集中できる。無駄なことをヤラなくてすむ。
  • 設定を壮大にすると、発想が大胆になる。
  • 施策(の細部)を検討するときに、大方針を確認できる。

OKRを導入しても定着しないケース

こんなケースだと、OKRは定着しない。

1)業務整理できておらず、一人何役もこなす状況

例えば、OKRでは◯◯がメインミッションだが、それ以外に雑務タスクがたくさんある状況。このケースでは、上長が部下にOKR導入の意義を説明できない。現場の士気が下がり運用が破綻する。

2)OKRを「単なる目標分解のフレームワーク」と捉えてしまう

この場合、個人のKRに具体的な施策が設定される。評価基準は、数多くこなしたか、とか、予定より早く実現したか。これだと生産性は高まるかもしれないが、大胆な発想は出てこない。OKRのメリットが損なわれるので、わざわざ導入しなくてよい。(MBOでいい)

3)不確実なチャレンジがしにくいカルチャー

OKRは現場にチャレンジを求める。チャレンジが推奨されないカルチャーとは相反する。「ミスったら怒られそう」とか「他人から見えないようにSlackのPrivateチャンネルで話そう」とか、そういったマインドのある会社では、OKRは定着しない。

「OKRによって、チャレンジが推奨される会社に変えてやる!」と考える人もいるかもしれない。しかし、OKRではカルチャーを変えられない。カルチャーを変えられるのは、仕組みではなく「熱量をもった人」。

OKRがFitする会社

こんな組織だと定着するんじゃないだろうか。

1)組織としても個人としても、やることがシンプル

OKRに関連する業務に集中できる。どんな手を使ってもいいから(※)目標を達成しよう、というマインドが生まれる。

(※・・・もちろん法律の範囲内で)

2)現場が具体的な施策を考え実行できる環境

Objectiveには壮大な目標をが設定されているので、今までやったことがない大胆な打ち手を考えるようになる。

3)失敗に寛容

今までやったことがないことをやるので、必ず失敗する。「小さな失敗をへて大きな成功をつかむ」。

OKR導入担当者が考えるべき事

「どうやったらOKRを定着させられるか?」

ではなく

「どうやったらOKRが定着するような組織になるか?」

を考えるといいのではないか。

OKRのことだけを考えていても定着はしない。

まとめ

OKRは銀の弾丸ではない。

OKRがハマれば会社・個人の成長に繋がる。 ただし、合わないケースも多々あるので、その時はさっと捨て、いつかまた導入する。